エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth 蔵 Slint M-TM10BBBU 薄型 静音 Windows Mac Android 4ボタン iOS プレゼンモード機能付 ポーチ付 スポーツ・アウトドア , 格闘技・武術 , ボクシング , マウスピース,Bluetooth,2735円,Slint,ワイヤレスマウス,Windows,iOS,Android,プレゼンモード機能付,capcitycoworks.com,ポーチ付,静音,エレコム,Mac,薄型,4ボタン,/denotativeness306603.html,M-TM10BBBU 2735円 エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth Slint M-TM10BBBU 薄型 静音 4ボタン プレゼンモード機能付 ポーチ付 Windows Mac Android iOS スポーツ・アウトドア 格闘技・武術 ボクシング マウスピース 2735円 エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth Slint M-TM10BBBU 薄型 静音 4ボタン プレゼンモード機能付 ポーチ付 Windows Mac Android iOS スポーツ・アウトドア 格闘技・武術 ボクシング マウスピース スポーツ・アウトドア , 格闘技・武術 , ボクシング , マウスピース,Bluetooth,2735円,Slint,ワイヤレスマウス,Windows,iOS,Android,プレゼンモード機能付,capcitycoworks.com,ポーチ付,静音,エレコム,Mac,薄型,4ボタン,/denotativeness306603.html,M-TM10BBBU エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth 蔵 Slint M-TM10BBBU 薄型 静音 Windows Mac Android 4ボタン iOS プレゼンモード機能付 ポーチ付

エレコム ワイヤレスマウス 品質検査済 Bluetooth 蔵 Slint M-TM10BBBU 薄型 静音 Windows Mac Android 4ボタン iOS プレゼンモード機能付 ポーチ付

エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth Slint M-TM10BBBU 薄型 静音 4ボタン プレゼンモード機能付 ポーチ付 Windows Mac Android iOS

2735円

エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth Slint M-TM10BBBU 薄型 静音 4ボタン プレゼンモード機能付 ポーチ付 Windows Mac Android iOS








◆商品名:エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth Slint M-TM10BBBU 薄型 静音 4ボタン プレゼンモード機能付 ポーチ付 Windows Mac Android iOS iPadOS 対応 ネイビーブルー

詳しくは「商品の仕様」「商品の説明」をご確認ください。
カバンに入れて持ち運びしやすい厚み28mmの薄型マウスです。
外形寸法:幅55.5mm ×奥行103.8 mm ×高さ28.0mm、質量:約66g 電池含む
持ち運びに便利な、質感にこだわったソフトレザー製の収納ポーチが付属しています。
スムーズな操作を実現する分解能1600カウントを採用しています。

【 仕様 】
■ 対応機種:Bluetooth(R)HOGPに対応したWindows OS、macOS、Android、iOS、iPadOS搭載機
■ 対応OS:Windows 10、Windows 8.1、Android 7~10、macOS Catalina(10.15)、iOS・iPadOS 13.5 ※各OSの最新バージョンへのアップデートや、サービスパックのインストールが必要になる場合があります。
■ 適合規格:Bluetooth 4.2 Class2 / profile:HOGP(HID Over GATT Profile)
■ 分解能:1600カウント
■ 通信方式:GFSK方式
■ 電波周波数:2.4GHz帯
■ 電波到達距離:磁性体(鉄の机など)の上で使用する場合:3m、非磁性体(木の机など)の上で使用する場合:10m ※当社環境でのテスト値であり保証値ではありません。
■ 読取り方式:光学センサー方式
■ LED色:ブルー
■ ボタン数:4個 ※ホイールボタン含む
■ ホイール数:1個
■ 連続動作時間:約307時間
■ 連続待機時間:約833日
■ 想定電池使用期間:約596日 ※1日8時間のパソコン操作中5%をマウス操作に割り当てた場合
■ 電源(本体):単3形アルカリ乾電池、単3形マンガン乾電池、単3形ニッケル水素電池のいずれか1本
■ カラー:ブルー
■ 外形寸法(マウス本体):幅55.5mm ×奥行103.8 mm ×高さ28.0mm
■ サイズ分類:Mサイズ
■ 質量(マウス本体):約66g ※電池含む
■ 付属品:動作確認用単3形アルカリ乾電池×1、収納ポーチ×1

【 説明 】
■ カバンに入れて持ち運びしやすい厚み28mmの薄型マウスです。
■ 持ち運びに便利な、質感にこだわったソフトレザー製の収納ポーチが付属しています。
■ 小さな凹凸やホコリでもより正確に光が反射し、場所を選ばずに快適に使用できるBlueLEDを搭載しています。
■ スムーズな操作を実現する分解能1600カウントを採用しています。
■ マウスのクリック時のカチカチ音がしない静音スイッチを採用し、音が気になる場所でも使えます。
■ ネットの閲覧などの操作に便利な「戻る」ボタンが付いた4ボタンタイプです。
■ 無料でダウンロードできる「エレコムマウスアシスタント」を利用することで、各ボタンへの機能割り当てや、プレゼンテーションモードの使用ができます。
※最新のエレコムマウスアシスタントをダウンロードしてください。
■ プレゼンテーションモードを有効にすると、通常のマウスモードと、スライド送り・戻しなどを操作できるプレゼンテーションモードとを切り替えて使用できます。プレゼンテーションモードでのボタンの詳細動作、スクロールやカーソル移動の無効などをカスタマイズ可能です。
■ Bluetooth(R)4.2規格に適合しており、非磁性体で約10m、スチールデスクなど磁性体の上でも約3mの距離まで使用できます。(当社調べ)
■ Bluetooth(R)HOGPに対応したパソコンであれば、レシーバを接続することなくスマートにマウスを使用できます。USBポートの少ないパソコンやタブレットに最適です。
※ Bluetooth(R)HOGPに対応していないパソコンでも、規格に適合したBluetooth(R)アダプタを用意することで使用可能です。(推奨Bluetoothアダプタ:LBT-UAN05C2/N(別売))
■ 本体裏面に電源スイッチがあり、不使用時の電池の消耗を防止できます。
■ 電池の交換時期をお知らせする電池残量表示ランプを搭載しています。
■ モバイルに最適な薄型設計のMサイズです。
■ 左右対称で、右利き・左利きを問わず使いやすいシンメトリーデザインを採用しています。

エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth Slint M-TM10BBBU 薄型 静音 4ボタン プレゼンモード機能付 ポーチ付 Windows Mac Android iOS

Featured

今、宇宙ビジネスで起きていること

衛星データ入門

衛星データ利活用の兆しが見えた?80%は中国依存。漢方薬の原料、生薬の国内栽培適地を衛星データで探索チャレンジ~解析結果共有編~

漢方の原料である生薬の栽培地を衛星データを用いて探索できないかというチャレンジ。一次解析結果を薬用作物産地支援協議会の方に共有したところ……

宇宙ビジネス

「小国こそイノベーティブであれ」ルクセンブルク政府が30年以上、宇宙産業に投資を続ける理由

いま宇宙資源が世界で注目されているのはなぜなのか。ルクセンブルク経済省 インフラストラクチャー&テクノロジー部門長のマリオ・グロッツさんを取材し、業界を牽引するルクセンブルクの戦略に迫ります。【PR】提供:ルクセンブルク貿易投資事務所

宇宙ビジネス

人工衛星の軌道を徹底解説! 軌道の種類と用途別軌道選定のポイント

人工衛星はどのように動いているのでしょうか。人工衛星の軌道解説シリーズ、第一弾は軌道と用途の関係を徹底解説します!

ニュース

米空軍が気象情報会社に20億円資金提供、気象衛星コンステの構築を後押し。その狙いとは【週刊宇宙ビジネスニュース 2021/9/27〜10/3】

一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを厳選してお届けする連載「週刊宇宙ビジネスニュース」は毎週月曜日更新!

ニュース

ホンダが小型ロケット開発を正式発表。自動運転技術を活かした「再使用型」【週刊宇宙ビジネスニュース 2021/9/27〜10/3】

一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを厳選してお届けする連載「週刊宇宙ビジネスニュース」は毎週月曜日更新!

ニュース

衛星データ解析企業のSpireがSpaceChainと提携。宇宙空間におけるブロックチェーン技術実証へ【週刊宇宙ビジネスニュース 2021/9/27〜10/3】

一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを厳選してお届けする連載「週刊宇宙ビジネスニュース」は毎週月曜日更新!

衛星データ記事特集

ビジネス事例

【診断付き】衛星データ活用事例を総まとめ! あなたにおすすめの事例を宙畑編集部がご提案します

「衛星データ」に興味はあって事例も眺めて見るけれども、自社の事例にどう活かしたら良いか分からないという方向けに、宙畑編集部が衛星データ事例診断を作りました!

衛星データ入門

衛星データのキホン~分かること、種類、頻度、解像度、活用事例~

人工衛星から実際に何がわかるの? なぜ分かるの? どのくらいの頻度で? 実際にどうやって使われてるの?をまとめてみました。 たとえば、経済産業省がさくらインターネットに委託した日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」では、"非宇宙"の第一線で活躍すメルカリやABEJAなどが名を連ねた21の企業・団体とのアライアンスが発表されました。

衛星データ入門

課題に応じて変幻自在? 衛星データをブレンドして見えるモノ・コト #マンガでわかる衛星データ

衛星データは波長の組み合わせ次第で見えるモノ・分かるコトの幅が拡がることも特徴のひとつ。今回は組み合わせの基礎と、初心者向け・玄人向けの組み合わせの一部をご紹介します。

衛星データ入門

合成開口レーダ(SAR)のキホン~事例、分かること、センサ、衛星、波長~

盛り上がる宇宙スタートアップの中で、ひときわ注目を集めているのが”合成開口レーダ”、略してSAR(サー)と呼ばれる技術です。本記事では近年急速に注目を集めるようになったSARについて、その活用事例と今後の可能性についてご紹介します。

ビジネス事例

本格実用目前!水害発生から早期に被害を把握、衛星データによる損害査定実証の裏側

本格実用目前まで衛星データ活用が進む東京海上日動火災保険株式会社に、利活用のきっかけや実証までの苦労、今後の展望について伺いました。

ビジネス事例

新興国が求めている宇宙ビジネスとは!?元アジア開発銀行リモセン専門家が衛星データのプラットフォーム可能性を語る

「宇宙ビジネスは先進国だけの話」というイメージを持つ方が大多数かと思います。しかしながら、実際には新興国でも宇宙ビジネスの需要が大きく増えてきています。新興国で衛星データがどう活躍してるのか。フィリピンやタイに駐在し、アジア開発銀行で働いていた宮崎浩之先生にお話を伺いました。

Tellus入門

Tellusのアップデート

2019年2月リリース! 衛星データプラットフォーム「Tellus」でできること

2019年2月21日、衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」がオープンしました! あらためて、衛星データの特徴とTellusでできることについてまとめています。

Tellusの使い方

【ゼロからのTellusの使い方】衛星データプラットフォームTellus OSでできることと基本操作

2018年12月21日に公開された、衛星データプラットフォームTellus版のチュートリアル記事。今まで衛星データを扱ったことがない方でも、楽しめる入門記事となっています。

Tellus

【Tellusマーケットが本格始動!】有料ツールの売買が可能に!表示速度などの機能もアップデート

今まで無料ツールのみが並んでいたTellusマーケットにいよいよ有料ツールが登場!さらに表示速度などの機能がアップデートされ、よりデータの比較や検索性が向上しました。様々なデータを見てみたいという人も、自社のツールを売ることができないかと考えてる人も、ぜひ今一度Tellusを触ってみませんか??

Tellus

2枚の衛星画像から街や建物の変化を自動抽出!Tellus新ツール「Tellus-DEUCE」提供開始

2021年2月25日にリリースされた、選択した2枚の衛星画像の差分を、AIを用いて自動で抽出することができるTellusの新ツール「Tellus-DEUCE」について、できることや実際の画面、使い方についてご紹介いたします。

解析ノートブック

AMeDASのデータから雲海の発生予測をして実際に見に行ってみた

雲海予測をTellusのAMeDASデータを用いて行ってみました。その予測をもとに、雲海が見れるだろう日に合わせて実際に現場を訪れたところ……

衛星データ

ロケットの打ち上げはどこから見える!? 未来のロケット射場と可視エリア推定

和歌山県串本町にロケットの打ち上げ射場ができる予定であることをご存知ですか? 本記事では日本のロケット打ち上げをどこで見ることができるのか、可視エリアを推定してみました。